すすきの焼き鳥バーKANDASANCHIかん田さんち奮闘記
焼きとり好きマスターのたわごと・・・
プロフィール

kanda



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク



COUNTER



本・・・・
御無沙汰しました・・・・・・やー・・暖かくなりましたね!!
ゴルフの季節がやってきました。 今年は、目標スコアーを達成しまーす!と毎年言ってます 何せ今年は今月から始動開始

今日は、先日購入した本「賢く生きる知恵」から抜粋します。

1.物事を限界まで放置しない
 ものごとを限界まで放置するのはやめよう・・・必ず評判に傷がつく。友人は皆重要とは限らないが敵は、皆重要だ・・・
良いことは誰でもができるわけがではないが、傷つけることはほとんど誰でもできるからである。
隠れた敵は、堂々と名乗った敵を利用して炎をかきたて、自分は待ち伏せをしてチャンスを伺っている・・・
相手が・・・あなたが怒せた友人ならもっと手ごわい敵となるだろう。
彼は、自分の失敗をあなたのせいにする。
常に私たちを批判して最初は、先見の明が足りない、軽率だ、と言い、最後に忍耐力がないとけなし続ける。
この場合、怒鳴りあいのけんかをするより、友情のうちに自然消滅するほうがいい。
これは良い引き際について述べた教訓の応用である。

2.愚かな行動を続けない
 愚かな行動をつづけてはいけない。犯した過ちを義務のように追い続ける人は多い。間違った道を来てしまったことに気づいても、そのまま先に進むのが強さだと考えている。内心しまったと思っても、外に対していい訳をする。最初のうちは不注意で通るが最後まで来れば愚かというしかない。
不要にした約束や、誤った決断にしばられる必要はない。

3.欠点を気にしない
 欠点を気にしてはいけない。肉体的なものであれ、精神的なものであれ、欠点のない人などいない。
すぐに直せるものであっても、みなそれを後生大事に抱えている。口さがない人たちは、高潔な人が持つ些細な欠点を見つけ、これさいなければと残念がるが一方では、たった一つの雲が太陽全体をおおい隠すこともある。
評判に傷があるとすぐに見つけられ、何かにつけて言い立てられる。とはいえ、きわめて高度な技を用いて、それを勲章に帰ることも不可能ではない。カエサルは禿頭という肉体の欠陥を、栄光の冠で隠した。
スポンサーサイト


コメント
うむ~。深いお言葉でございますね。ふむふむ。

でっ! あれだっ!
かんちゃんって「バツ①」じゃなかったっけ?

深いお言葉じゃぁぁぁぁあああああー。

[2008/03/23 21:11] URL | nandeyan #- [ 編集 ]

確かに・・・・・今回書いた内容は、私自身もあまり理解していないんですv-12
そうそう・・・・・バツ①ではないんです・・・・・・バツ0でーす。しかしこの歳になるといばってられませんね!チャンスは沢山あったんですけど・・・・・v-239
[2008/03/24 12:44] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://ykanda.blog22.fc2.com/tb.php/336-818da996