すすきの焼き鳥バーKANDASANCHIかん田さんち奮闘記
焼きとり好きマスターのたわごと・・・
プロフィール

kanda



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク



COUNTER



ロイヤルホテルの概要
今日は、ロイヤルホテルの生い立ちを書きます。
故杉野重雄氏が昭和37年11月26日札幌国際観光株式会社として、市民に幅広く利用愛されるホテルを目的で会社が設立されました。

当時は、札幌市の本格的な政府登録ホテルは、グランドホテルただ1つで一般市民にはそれはそれは・・・ほど遠い高級志向のホテルイメージだったようです。

そして、昭和39年5月13日にやすらぎと豊かな味をキャッチフレーズに札幌ローヤルホテルが開業致しました。設計は、ホテルオークラの設計者である柴田陽三氏によるのもで、当時セリ舞台や11階のスカイラウンジ・・・そして客室のバスタブは、陶器製、さらに枕は水鳥の胸毛の最高級品を使用していました。また、全館にカーペットが敷いてあるなど当時は大変なものだったようです。また、ローヤルホテルは、より多くの市民が手軽にと婚礼やレストランの利用が増え・・・札幌のホテルの営業の基盤になったようです。

また、昭和48年5月10日に札幌の文化経済観光の急速発展によりセンチュリーローヤルホテルが開業したのです。こちらは、国鉄直結の利便性と和食は総欅造りや洋食は360度の回転レストランなどが作られました。
また、当時は、東京以北最大の客室336室だったのです。

そうそうホテルの歴史を見てみると・・・・・
1850年にグランドホテルがパリに建設され、19世紀中ころアメリカに移植され、ボストンのレイモントホテル、ユルスウォススタットラーやコンラット、ヒルトンなどができました。
外国のホテルは、旅行者や宿泊、飲食だけではなく集会やダンス、娯楽のばとして・・・また、政治・文化・思想について論じられる場として発展していきました。日本では、19世紀後半築地に明治元年「ホテル館」、明治23年「帝国ホテル」が国策的要請に基づき外人接遇施設として発展してきました。

ホテルの語源は、HOSPESラテン語で・・・旅人・客・宿主です。
スポンサーサイト


コメント
自分が物心ついた頃から札幌ロイヤルホテルはその威風堂々とした威容を発揮してました。
実家が近い事もあり、よくその建物を見上げてたのを覚えています。
残念ながら、一回も利用する事も、入館する事も無かったのが悔やまれます。
時代の流れなんですかねぇ…
[2013/06/23 18:43] URL | ( ^ω^) #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます。そう私も小さい頃、向かいにあったバッティングセンターに来ていて・・大きい建物があるな・・・と思ってましたが、まさかそこで仕事をするとは思いませんでした・・・・人生は、ほんとにわからないですね・・・・
[2013/06/24 13:01] URL | #- [ 編集 ]

こんばんは
はじめまして、杉野の親族です。
ロイヤルホテルの記事をありがとうございます。
ロイヤルホテルも無くなってから随分とたち、さみしいですね。
こちらのブログの記事におじさんの足跡が残っていることをとても嬉しく思います。
おうちには、アカネ時代(わかりますか?)の食器も、随分枚数が少なくなりましたがありますよ!
私はホテルのフルーツケーキが好きでした。
ブログを読んだら思い出しまして、食べたくなりました。
[2017/01/23 02:26] URL | こんばんは #JBFGtPPo [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://ykanda.blog22.fc2.com/tb.php/241-52848539