すすきの焼き鳥バーKANDASANCHIかん田さんち奮闘記
焼きとり好きマスターのたわごと・・・
プロフィール

kanda



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク



COUNTER



サービス3
今日は、久しぶりにサービスについて書きます。

先日、地下街の回転寿司に・・月に2回位行くのですが・・
午後2時位忙しい時間を外して・・店に入ると2人の年配の女性が作業をしていて、私には気づかず・・その後、板さんが気づき・「いらっしゃいませお一人様ですか?」はいお願いします。

周りを見てこちらの席で・・・なんとぎゅうぎゅうの席の間・・すいませんあちらの方(空いていたので)はだめですか?

「あーあそこはまだ片付けてないのでだめです」回転寿司のカウンターなんて直ぐ片付くじゃないか・・・と言いたがったが小心者なので・・何か食べる気がなくなり、帰って来てしまいました。
次に行きたいとは思いません。

私たちも席の案内は十分注意が必要ですね。お客様を気づかった案内をしなければならないと思いました。

又、デロイトトーマツFASの桐明氏の言葉の中に、サービスの基本はお客様にストレスを感じさせない接客であると言っています。

たとえばホテルに来る際、看板が小さかったり、通路がわかりづらかったり、そしてやっとホテルについて・・フロントにここのホテルわかりづらいね本当に困ったよ・・・

係りは、あっさりと「皆さんによく言われます」と涼しい顔で・・・

この話は、サービスと関係ないようだがこれ程悪いサービスはない・・初めて来るお客様に対してのケアーがされてなく、多くのクレームがあってもそれを対応するつもりがないと宣言しているからだ・・

さーセンチュリーはどうだろう?
かなりのお客様から・・ホテル道順がわかりづらい・・・エレベーターがわかりづらい・・・駐車場がわかりづらい・・・駐車場のエレベーターがわかりづらい・・などなど ・・本当に改善しているのだろうか?

今日はもう一言
あるレストランの朝食で、メニューを見るとランチにあるハンバーガーどうしても食べたくなり、どうせ無理だろう・・あっさり・・できませんと言われると予想しながら、ウエートレスさんに「ハンバーガーできませんよね」ウエートレスさんは、全く否定的な態度をみせず満面の笑顔で厨房に確認してまいります。そして見事に用意をしてくれました。
この感動が大切なんですね・・
これって簡単に出来そうだけど・・・意外と出来ないですよね・・

スポンサーサイト